ガス検知器のさまざま測定方法について

ガス検知器は、工事現場や地下施設などで作業する際の安全確保に欠かせない計測器です。周囲の有毒ガスを測定して検知するための役割があり、様々な現場で活躍しています。ガス検知器は、ガスの種類によって検知できるガスの種類が違います。そのため、導入するガス検知器がどの種類の有毒ガスに対応しているか知っておかないと、事故につながる恐れもあります。ガス検知器を選ぶ上で知っておきたい知識をまとめました。

 

 

ガス検知器が活躍する現場

ガス探知機は、可燃性ガスや有毒ガスを測定する機能のほかに、酸素濃度を測定する機能を有しています。酸欠やガスによる中毒、爆発事故を未然に防ぐためには、ガス検知器は必須の計測器です。ガス検知器は、マンホールなどの地下現場や、タンク内での作業でよく用いられます。また、ごみ処理施設などの有毒ガスが発生しやすい現場などでは、安全管理に欠かせません。

 

安全管理以外にも、有毒ガスによる悪臭や腐食が発生するのを防止するためにもガス検知器は役立ちます。工場や作業現場での日常点検にも多く用いられ、ガス検知器が活躍する現場は様々です。

 

ガス検知器で検知できるガスの種類

機種によっても差はありますが、ガス検知器は主にメタン、酸素、硫化水素、一酸化炭素などの検知ができる機能を有しているものが多いです。これらの有毒ガスに対応していれば、あらゆる現場で活躍できるでしょう。一酸化炭素や硫化水素中毒、酸欠などが発生すると、一歩間違えば命を落としかねません。作業員の安全を守るためにも、ガス検知器の導入は大切です。様々な種類のガスを探知できるマルチガス探知機は測定器のレンタル業者でも手軽に利用できるので、必要に応じて現場に導入するのをおすすめします。

 

可燃性ガスの検知に強い接触燃焼式

ガスにも様々な種類があり、それぞれ測定方法が違いますが、接触燃焼式は可燃性ガスの検知に強い測定方法です。接触燃焼式は、可燃ガスを検知するための方法として世界的に普及しています。接触燃焼式は検知器の酸化触媒を利用して、可燃性ガスが燃焼する際の発熱量を利用して計測します。

 

白金線コイルを使ったセンサーの表面で可燃性ガスを燃焼させる事で、温度変化が発生します。その温度変化によって白銀線コイルの抵抗値も変化しますが、この抵抗値の変化が、可燃性ガスの検知の原理です。抵抗値はガスの濃度に比例するため、抵抗値の変化量を測定する事で、可燃性ガスの濃度を検知することができるようになります。
接触燃焼式は、使用環境の影響を受けずに可燃性ガスの検知ができるというメリットがあります。温度や湿度の影響を受けずにガスの濃度を計測できるため、精度も高く、再現性に優れています。また、比較的取り扱いが容易ということもあり、多くの現場で導入されています。主に、LPG、メタン、水素、ガソリンなどの可燃性ガスの検知に効果を発揮します。

 

高感度で優秀な定電位電解式センサー

定電位電解式センサーは、ガス検知の精度が高く、携帯用のガス検知器にも多く利用されている方式です。一酸化炭素や硫化水素などの毒性ガスを測定するのに有効なガス検知センサーといわれ、主に一酸化炭素、硫化水素、二酸化硫黄、一酸化窒素、二酸化窒素、オゾンといった、様々な有毒ガスに対応しています。

 

定電位電解式センサーの原理は、電極上でガスを電気分解する事で発生する電流によってガス濃度を検知します。電流によって有毒ガスを検知できるため、電位の設定次第でどの有毒ガスを検知するかを選択できるという大きなメリットがあります。また、ガスの濃度が低くても精度が高く、有毒ガスを敏感に感知します。さらに、センサーは干渉ガスの影響を受けにくく、センサー自体も小型で能力を十分に発揮できるので、ガス検知器の小型化や軽量化に役立ちます。

 

 

 

古くからの実績がある隔膜ガルバニ電池式

隔膜ガルバニ電池式は、18世紀にイタリアで生まれた電池を応用したガス検知方式です。発明者の解剖学者ガルバニ氏にちなんで命名されました。古くから存在する、世界的にも事績があるガス検知方式です。隔膜ガルバニ電池式は、主に酸素濃度を検知するのに利用されます。

 

ガルバニ電池は、貴金属と鉛を電解液に浸しリード線でつないだ電池です。この電極上で酸素が電気分解されると、電流が発生します。この時の電流を電圧に変換することで、酸素濃度を検知できるようになっています。空気中の酸素を検知する事はもちろん、可燃性ガス中の酸素をはじめ、不活性ガス、燃焼排ガスなど、様々な状況下で酸素を測定することができます。

 

隔膜ガルバニ電池式のガス検知器は、外部からの電源を必要としないためどこでも使用できるというメリットがあります。また、電源がないためガス検知器の小型化と軽量化も可能で、持ち運びしやすいです。さらに、センサーの寿命が長く、2〜3年は持つので、コストがかからないという点でも魅力的です。

 

このように、ガス検知器の中でも、何を検知したいかによって選ぶ測定方式は変わってきます。様々なガスや酸素濃度を検知できるマルチガス検知器が便利ですが、導入コストと比較して選ぶのがおすすめです。

雑音発生器は何の役に立つ?

雑音発生器とは、別名ノイズ発生器とも言われている機械です。わざわざ雑音を発生される機械にどのような意味があるのかと疑問に感じる方も多いかもしれません。しかし、雑音発生器は意外な形で活躍しています。

 

雑音発生器から出るノイズの種類とは?

雑音発生器は、DSP(Digital Signal Processor)を使用した信号処理技術を応用してノイズを発生させる機械です。雑音発生器から作り出せるノイズの種類も様々で、M系のランダムノイズから、ホワイトノイズ、ピンクノイズが発生できる装置なのが一般的です。

 

ホワイトノイズとは、単位周波数帯域(1Hz)に含まれる成分の強さが一定の雑音の事を言います。ホワイトノイズは、一定の強さの雑音のため、グラフ化するとフラットになる周波数特性を持っています。それに対して、ピンクノイズはホワイトノイズに低域通貨フィルタを通したものです。ピンクノイズをグラフ化すると、高周波数帯域になるにつれて、右下がりになるという特性があります。

 

雑音発生器の使い道

雑音発生器は、一定の周波数のホワイトノイズまたはピンクノイズ、オクターブバンドノイズを設定して発生させることができる機械です。各種測定器と併用して測定音源として利用したりするなど、音の数値を計測するための音源として使われるケースが多いようです。それ以外にも、雑音発生器は特に遮音量や吸音率の測定には欠かせません。

 

雑音発生器は、機器によっては電力増幅器が内蔵されているので、直接スピーカーを接続して効率よく現場でノイズを発生させることができます。また、現場での測定器の利用だけでなく、音響心理の実験などに用いられることもあり、意外と雑音発生器の活躍の場は広いです。

 

雑音発生器を手軽に手に入れるには?

インターネットで検索すると、雑音発生器を自作する方法が出てきます。しかし、こうした自作の雑音測定器は、主にアマチュアの方が利用するものなので、プロが検査や実験に使うクオリティの雑音発生器には信頼性の面で到底及びません。

 

しかし、雑音発生器というのは意外と費用がかかるもので、新品で購入すると数十万するものもあります。中古で購入するという手段もありますが、メンテナンスなどの保守費用がかかる可能性と、使用頻度によっては、例え中古であっても購入するのにはコストがかかりすぎるというケースがあります。そんな時は、レンタルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。レンタル業者各社では、様々な雑音発生器を扱っています。必要な期間だけ短期間からレンタルすることができるため、導入コストを最低限に抑えられるというメリットがあります。

 

特殊な測定器が急遽必要になったときはこちらが便利です→http://www.measuring.jp/

更新履歴