騒音計を導入するべき理由とは?

騒音問題は、今や社会問題の一つです。道路や建造物を新設する上では、騒音問題が非常に重要です。土地や建造物だけでなく、世の中にあるあらゆる工業製品も、静音化が求められている現代では、騒音の予測や防止は重要な問題です。騒音を計るには、騒音計と呼ばれる測定器が用いられます。騒音計はあらゆる場面で役に立つ測定器です。騒音計を導入するべき理由について説明します。

 

騒音は公害の一種として定義されている

騒音と言えば単なるうるさい音というイメージを漠然と持っている方がほとんどだと思います。しかし、実は騒音には国が定めた環境基準による定義があります。まず、騒音とは簡単に言えば「うるさくて不快な音」の事です。騒音は、環境基本法で公害に定義されています。そのため、騒音の発生によって周囲に迷惑がかからないよう、騒音規制法というものがきちんと定められています。工事現場や工場などでは、騒音規制法に基づいて騒音の規制基準が明確に決まっています。

 

ご近所トラブルを生む生活騒音とは

騒音は、大きく分けて生活騒音と、工業騒音の2つに分かれます。生活騒音とは、一般家庭から出る騒音の事です。よくご近所トラブルなどで問題になる騒音は、この生活騒音のことです。生活騒音は5つの種類に分類されます。洗濯機や掃除機の動作音、ドアの開閉音、音響機器から発生する音、動作音、車の音の5種類です。こうして分類してみても、どれも日常生活を過ごすためにはやむを得ない音のように感じられます。実際、これらの音は普通の状態なら気にならない音です。

 

しかし、例えば同じ掃除機を使うにしても、昼間と真夜中では音の感じ方が違います。また、ドアの開閉も、静かに閉めるのと乱暴に閉めるのでは音の大きさがまったく変わってきます。生活騒音とは、音を出す人のモラルの問題なのです。

 

社会問題化する企業の騒音問題

生活騒音に対して、企業が工場での作業によって発生させる騒音も大きな問題になっています。企業による生産活動には、騒音問題は避けられない面もあります。しかし、最近では騒音問題が社会問題化しており、近隣住民とトラブルになるケースが相次いでいます。

 

たとえば、工場の機械の動作音や、工事現場の作業音などが騒音になるのはもちろんですが、勤務する社員の車の音や話し声なども、企業の騒音に当たります。騒音問題というのは、音を出している当事者にとっては気にならなくても、騒音被害を感じる側には切実な問題です。企業にとって、騒音問題を解決するのは、企業イメージにもつながる重要なポイントとなっています。

 

騒音の測定には騒音計が必要

生活騒音や企業騒音のレベルを計り、実際にどの程度の騒音を発しているかを測定するためには、騒音計という測定器の導入が必要不可欠です。騒音計は、対象となる音を測定し、騒音のレベルを判断してくれます。人間の耳では、騒音を感覚でしかとらえられませんが、騒音計を導入する事によって、騒音を数値化することができます。

 

騒音トラブルで争う際には、その音が周囲に悪影響を及ぼしているというのを証明する必要があります。そのためには、客観的な証拠が必要ですが、騒音計があれば騒音のレベルが可視化されるため、有効な証拠になります。

 

騒音計の仕組みと構造

騒音計は、マイクロホン・周波数補正回路・増幅幅および可変域衰器という3つの構造が基本となっています。騒音をマイクロホンで拾って、音の周波数を補正し、数値化する仕組みになっています。騒音計の中には、高周波音や低周波音まで分析できるものもあり、音に関する測定を行うのに騒音計は欠かせません。

 

騒音計には普通騒音計と呼ばれるものと、精密騒音計と呼ばれるものがあります。普通騒音計は、屋外や工場内の環境騒音測定に用いられます。簡単でコストをかけずに現場の騒音を調べられるので、一般の方が生活騒音のレベルを調べるのにも向いています。

 

普通騒音計に対して、精密騒音計は、測定周波数、測定レベルの範囲が広く、精度の高い計測が可能です。騒音の測定だけでなく、音の残響時間の測定や、動物の鳴き声を測定する生態研究などにも役立ちます。騒音の研究や実験、機械や製品の騒音評価を行う場合は、普通騒音計では性能不足ですので、精密騒音計が必要です。

 

 

 

騒音計はどこで手に入る?

騒音計は、インターネットの通販でも手軽に手に入れることができます。一般的によく用いられるのは、ハンディタイプの騒音計です。簡易的なタイプなら格安で購入することもできますが、レンタル業者から借りるのもおすすめです。短期間からレンタルすることができるので、余計なコストがかかりません。

 

また、企業などで利用する精密で本格的な騒音計も、レンタルなら豊富な種類の中から選ぶことができます。特に精密騒音計を購入する場合は費用やメンテナンスなどの保守費用がかかってくるので、レンタルを利用するのも手段の一つです。