人体に影響を及ぼす低周波の被害

最近、身の回りで発生する低周波音に対して体の不調や感じる人が急増しています。低周波音というのは、日常のあらゆる場所で発生している音の中に混じっています。深刻な健康被害を引き起こす恐れもある低周波音の見えない被害の恐ろしさを調べました。もしかすると、意外なところで低周波音の影響を受けているかもしれません。

 

低周波音ってどんな音?

人間の耳で聴きとれる音は、20万ヘルツから2万ヘルツの間と言われています。低周波音は、一般的には100ヘルツ以下の音を指します。また、20ヘルツ以下の、人間の耳では聞き取ることのできない音を超低周波音といいます。人間は、音が低くなればなるほど感知しにくくなるため、低周波音は高い音に比べて聞き取りにくいという性質があります。

 

低周波音は、主に空調やコンプレッサーなどの機械音や、電車や自動車、船舶などのエンジン音などに含まれています。モーターが低く動いて響くような音が、低周波音です。低周波音自体は日常のあらゆる場所に存在する音なので、完全にシャットダウンする事は難しいですが、耳で聞くことのできる低周波音であれば、うるさく感じる以外は、さほど悪影響はありません。

 

低周波音による周囲への悪影響とは

低周波音による健康被害などが社会問題として取り上げられるようになりましたが、人体や建物に影響を及ぼす低周波音のほとんどが、20ヘルツ以下の人間の耳では感知できない超低周波音です。超低周波音は耳で聞くことは難しいですが、音として聞こえていなくても鼓膜が低周波音を振動として感知する場合があります。この場合に、音がしないのに振動だけを感じ取ってしまい、違和感を覚える事から、体の不調に繋がっていくのです。

 

また、超低周波音は住宅の窓や建具などのがたつきの原因にもなります。超低周波音が建物と共鳴する事で、がたがたという不快な音が鳴るのです。このように、低周波音は人体や建物に様々な影響を及ぼします。こうした影響が酷くなると、恐ろしい体の不調に繋がってくることがあるのです。

 

低周波音による影響は深刻さを増している

最近、低周波音が原因となる体の不調を訴える方が増えています。低周波音による影響は、最初は単なる不快感でしかありません。しかし、徐々に症状が深刻化してくると、低周波による頭痛やめまい、イライラが発生します。不眠にもつながり、深刻な不定愁訴の症状が悪化してしまうのです。しかし、こうした症状を根本から解決するためには、低周波音の原因となる物を取り除くか、自分が低周波音の発生源から離れるしかないというのが現状です。

 

低周波音が引き起す健康トラブルとは?

しかも、低周波音のトラブルの難しいところは、低周波音の全てが人体に悪影響を及ぼしているわけではないということです。低周波音の被害は8ヘルツから31.5ヘルツの周波数帯で発生していることが多いですが、この範囲の音域だけ取り除くというのは不可能です。実際、低周波音のトラブルを抱えている方で多いのが、体の不調を感じ、様々な検査を繰り返してもまったく異常が見つからず、原因不明のままに終わってしまうことです。しかし、低周波音が発生しない環境に引っ越したなど、原因から離れることで、嘘のように体の不調が無くなったというケースもあります。

 

低周波音による健康被害にありがちな症状

低周波音は、目に見えないところで様々な健康被害を引き起こします。特に多いのが不眠の症状です。夜寝つきが悪い、眠っていてもすぐ起きてしまうというのは、低周波音による健康被害の初期段階です。その他、血圧の上昇や頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状があります。また、精神的に及ぼす影響も計り知れません。イライラ感や不安感、集中力の低下など、自律神経失調症に似た表情を引き起こします。

 

低周波音による健康被害は、すぐに起こるわけではないため、原因が低周波音と探るのが難しいという側面があります。およそ数週間から半年程度の潜伏期間を経て、症状は慢性的にひどくなります。低周波音に晒される期間が長いほど、症状は深刻になっていくのが一般的です。

 

 

 

低周波音の原因を探るためには?

自身の体の不調が低周波音であると証明するためには、音の出所を探る必要があります。低周波音は、身近なところに潜んでいるため、どこから発生している低周波音か見つけましょう。
低周波音の大きさや場所を知るには、低周波音レベル計や、周波数分析器といった測定器が必要です。低周波の発生源と、自分の家の周辺など、2つの場所を比較して低周波音のレベルを判定します。必要に応じて、騒音計なども必要になります。

 

こうした専門的な機械を揃えるのはこれまでは難しかったのですが、計測器のレンタルが一般的になった事で、一般市民でも気軽に低周波音の測定が可能になりました。低周波音が原因とみられる不調に悩まされている方は、レンタルサービスを利用して一度原因を探ってみるのがおすすめです。レンタルサービスなら必要な期間に応じて最新の測定器を借りることができ、非常に便利です。低周波音の原因を突き止めることで、防音対策を施すなど、低周波音を抑える対策を取る手助けになります。